癒しを仕事にしたい方へ。整体スクール選び完全ガイド 東京版

整体スクールお探しガイドin東京

整体スクールお探しガイドin東京 » 整体師になるための基礎講座 » どのような資格があるのか

どのような資格があるのか

ここでは気になる整体師の資格について解説していきます。

「整体師」は民間資格

「整体師」は国家資格ではなく、民間資格です。そのため、極端な話、何の資格がなくとも整体師を名乗ることができますが、知識や技術がなければ整体師として役に立たないことは明白です。

実際はきちんとしたカリキュラムに沿った講義をスクールで受けて、その整体師学校の「卒業認定資格」をもらって整体師となるのが一般的のようです。

また、スクールによっては「厚生労働省認可」「東京都知事認証」「内閣府認証」などといった表示がある場合がありますが、日本国内には厚生労働省や東京都など公的組織に認可されている整体学校はありません。このような表示がされている場合は、厚生労働省などが認可している経営組合などに加入している、という意味と考えられますが、やはり国の認定している資格が取れるという意味ではないため、注意が必要です。

こだわるなら資格よりも実技を

整体師は民間の資格ではありますが、国家資格ではないからダメ、ということはなく、骨格矯正や整体、指圧などのきちんとした知識を学ぶことで、十分人の痛みを和らげる技術を身につけられます。

むしろ、資格にこだわるよりも、実際の施術に役立つ講義内容かどうか、ということを重点に置いて、スクール選びをすることが重要だと考えられます。

間違えやすい国家資格

整体師と間違えられやすい資格に「柔道整復師」「マッサージ師」「指圧師」があります。

これら3つの資格は国家資格で、それぞれの専門学校で3年間学んだ後、国家試験に合格することで資格を得られます。医者に準じる資格でもあるため、医学や生理学など、専門的な知識を一通り学ぶことが必要です。

これらの資格を取得すると接骨院や整骨院など、保険請求のできる院に勤務したり、開業することができます。言い換えるなら、「柔道整復師」「マッサージ師」「指圧師」以外の様々な癒しの技術を提供する人を総称して整体師であるということができます。

就職に強い! 東京の整体スクールランキング BEST7

詳細を見てみる

就職に強い! 東京の整体スクール ランキング BEST7

詳細を見てみる

評判の整体スクールリスト
@東京

目的別に探す
東京の整体スクールなび

整体師になる理由
(学生、主婦、副業、脱サラ)

整体師になるための
基礎講座

サイトマップ