癒しを仕事にしたい方へ。整体スクール選び完全ガイド 東京版

整体スクールお探しガイドin東京

整体スクールお探しガイドin東京 » 整体師になるための基礎講座 » 整体スクール通学と通信講座の特徴やメリット・デメリット

整体スクール通学と通信講座の特徴やメリット・デメリット

整体スクール通学と通信講座それぞれの特徴

整体師とはどのような仕事なのか

まず、整体師とはどのような仕事なのでしょうか。

骨盤の歪みや筋肉の調整によって、肩こりや腰痛などの症状を改善する施術をする仕事です。整体という言葉通り、姿勢や生活習慣などによって生じた骨盤や関節などの歪みや筋肉をケアして本来あるべき姿に戻す、「体を整える」仕事。

骨盤て何?

骨盤とはどのようなものなのでしょうか。骨盤は体の中心にあり上半身と下半身を繋ぎ、支える役割を持つ、重要な骨格の一つです。骨盤は全骨格中最も男女差があり、上部は鉢状に開いたような形状の大骨盤、下部は円筒形をしている小骨盤とに分かれています。小骨盤の中には膀胱、直腸、生殖器があり、これらを保護しています。女性にとっては分娩にも深く関わる重要な骨格でもあり、女性の方が広く浅い形状をしています。

整体師になるにはどうすれば良いのか

整体師になるために必要な国家資格はなく、必ず持っていなければならないという資格はありません。極端なことをいえば、「整体師」と名乗れば良いということにもなります。

整体に行ったことがあるという方で、整体師によって知識や技術の差を感じたことがあるという方もいらっしゃると思います。それにはこのような背景も一因となっているようです。

しかし、だからこそ整体師として活躍し、成功するには、やはり確かな技術はもちろん、整体に関すること以外にも、体や生活習慣などの健康に関するさまざま知識や、顧客の体の状態を正確に把握するために必要なカウンセリングのスキルなど、総合的に高めていく必要があります。「人の体に直接触れ、施術することでさまざまな不調を改善する」という責任と使命感を持つ必要があります。

整体師になるために必要な国家資格はありませんが、さまざまな民間資格があります。教育機関で基本的な指圧法や解剖学など、人の体に関する知識を学び、整体師として必要な知識や技術を習得した証明として、終了時に民間資格を取得できるようになっているというのが一般的。どの民間資格を取得すれば良いのか、どのような受講内容なのかを検討し、就職や開業に強い教育機関や環境を選択しましょう。

スクール通学と通信講座を比較!

1. モチベーションを維持しやすいスクール通学

スクール通学は、時間に囚われない通信講座と比べると「スクールに通わなければいけない」という点がデメリットですが、スクールに通うことで同じ目標を持った「友達」や「仲間」ができやすいので、整体師を目指すためのモチベーションの維持が保ちやすいです。

「目標のために努力をする」ということは、その目標に対する気持ちが最重要とも言えます。気持ちが落ち、やる気が無くなると勉強自体が嫌になり、整体師を目指すことができなくなってしまいます。

そして、やはり何と言っても整体というのは実際に体に触れ、指圧法を用いて施術していくというものですから、実際に体に触れて施術するのを見て学び、実技や実習などを通して実際の仕事と同じような経験が出来る、というのがスクールに通う何よりのメリットだと思います。

しかし、民間資格を設置しているスクールは多数存在しますが、スクールによって受講内容やレベルは大きく異なります。受講期間も数日から2年とスクールや受講内容によって大きな幅がありますし、それに伴って受講費用も大きく異なります。

また整体師同様、直接体を指圧したりする手技を用いて体の不調を改善するという仕事は多数あります。マッサージやリフレクソロジーなどのサロンも多数ありますし、国家資格である柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などもあります。これら国家資格を取得し、さらにスキルアップのために整体の知識や技術を学ぶという人もいて、活躍の幅を広げることができます。

マッサージチェーンを展開する企業などでは、未経験でも採用されるそうで、これら国家資格を持っているスタッフから研修を受け、民間資格を取得するための知識と技術を働きながら学ぶというところもあります。

整体師になるためのスクールはたくさんありますが、自分が具体的にどのような手法の施術を学びたいか、開業をしたいのか、就職するとしても、どのような雇用形態を望んでいるのかなどキャリアプランをより明確にしていくことがスクール選びの成功につながります。整体師としての活躍や成功の鍵を握るのは、やはりスクール選びから。慎重に時間をかけて検討していきましょう。

「平日は仕事をしていて、時間がないから通信講座で学びたい」という方も多いと思いますが、スクールでも平日の夜や土曜、日曜に開講している講座もあります。むしろ受講費用が高額になりやすいスクールは、仕事をしている人でも学びやすい環境を用意してくれています。時間に余裕がなく、通信講座にしたものの、仕事を終えて自宅に帰ってからテキストや映像教材で学ぶということが負担になってしまい、途中で挫折して続けられなかったのでスクールに通い直したという声もよく聞かれます。

実際に映像教材で手技の説明をしてくれても、全くの未経験であると分かりにくいと感じたり、力はどの程度加えれば良いのか、正確な位置や角度が分かりにくかったりと、さまざまな難点が待ち受けています。繊細な人の体へ施術する技術の習得ですから、そんなに簡単ではありません。特に未経験の方にとっては挫折してしまう可能性があるということは納得できます。

本気で整体師を目指したい方はスクール通学を選ぶといいでしょう。

2. 教材が「5万円」で揃えられる通信講座

いざ整体師を目指そうと思っても、「どうしても費用の目途が立たない」「なるべく費用は抑えたい」と考える人も多いと思います。そういうときは通信講座を選択するのがおすすめです。

一般的なスクール通学では、在籍期間が1年のときは100万円2年のときは200万円が相場となっていますが、通信講座の場合は安いところだと5万円ほどで教材一式を揃えることができます。

実際に、通信講座を受講し、整体師として開業されたという方もいらっしゃいます。

通信講座も、その講座内容はさまざまで、テキストのみというものと、テキストに加えて映像教材や実技の部分に関するスクーリングがあるものなどもあります。やはり実際に体に触れて施術するという仕事ですから、質問などのサポートが受けられるとしても実際に体験したり見ることができないというのは不安です。スクールに加えて金額が安いという魅力がある通信講座ですが、学んだことが整体師としての仕事に役立たなければ意味がありません。

映像教材やスクーリングなどが充実している教材がおすすめです。通信講座でも終了時に自宅で民間資格の受験ができるものや、講座によっては就職や開業を支援してくれるというものもあります。金額だけではなく、その講座を受講することでどのようなメリットがあるのか、仕事に結びつけることができるのかをよく見極めることが必要です。

また、整体師としての知識や技術に加えて、リンパケア、リフレクソロジー、スポーツフードアドバイザーなどの知識も合わせて得ることができる講座などもあり、どのような知識を身につけて仕事に結びつけるのが良いか考えながら学ぶことができます。

通信講座を利用する方は、仕事で忙しいという方や、スクールだと整体師として十分な知識や技術を身につけるまでの受講期間が長いということがデメリットだと感じた方が多いようです。また、スクールの受講費用を負担と感じて通信講座にしたという方も。また、スクールだと受講生同士の人間関係などの関わりが負担と思ったという声もありました。自分の好きな時に自分のペースで学ぶことができるというのが通信講座のメリットといえるでしょう。

また、教材を一度に送ってもらい、何度も映像教材を繰り返し見ながら学び、先に進んでいくことができるので、短期集中型の方にも向いているといえます。開業や就職を急ぎたい、年単位で学んでいるような時間がないという方も多いそうです。

通信講座の場合、技術の習得に欠かせないのが身近な人に実技の協力を得て、たくさんの人を映像通りに施術してみるということができるという環境があるということが必須条件といえそうです。家族や親しい友人など身近な人は正直に感想などを伝えてくれるため、喜ばれたり褒められたり、逆にもっとこうして欲しいという声を聞くことができます。それを通して手に職が付いてきたという自信や反省点などを活かすことができます。そしてそれを徐々に知人や近所の方、というふうに広げていき、プロとして開業できる経験を身につけるというのが良いでしょう。

通信講座を受講するメリット、そしてデメリットを知り、デメリットをどのように補うか工夫できた人は、成功へと繋げていくことができるでしょう。

3. 「現場で使える技能」が身につくスクール通学がおすすめ

整体師として働ける知識と技能を身に付けたいなら、スクール通学を選択すべきと言えるでしょう。

スクール通学なら、働くときに必要な技術や知識をまんべんなく学ぶことができ、分からないことがあってもその場で講師に指導してもらうことができます。

上記でもあるように通信講座は費用が安く、時間の融通が利きますが、それは基礎知識を習得するまでの話です。

独学で実際の整体を学ぶには限界がありますので、通信講座のみで整体師を目指すならアルバイトとして現場で働きながら技能を習得していくか、整体師が開催するセミナーや講習会に参加したりする必要があり、スクール通学よりも整体師になるには時間がかかってしまうという可能性もあります。

就職に強い! 東京の整体スクールランキング BEST7

詳細を見てみる

就職に強い! 東京の整体スクール ランキング BEST7

詳細を見てみる

評判の整体スクールリスト
@東京

目的別に探す
東京の整体スクールなび

整体師になる理由
(学生、主婦、副業、脱サラ)

整体師になるための
基礎講座

サイトマップ