癒しを仕事にしたい方へ。整体スクール選び完全ガイド 東京版

HOME » 整体師になるための基礎講座 » 整体師にまつわるお金のこと

整体師にまつわるお金のこと

整体師になるためのスクールにはどれくらいの学費がかかるのか、また、整体師の年収はどれくらい?など、気になるお金のお話をいたします。

整体師になるまでにかかる費用とは

整体師としての知識や技術はどのようにして身につければよいか。方法は、以下の2つがあります。

  • 1:整体スクールなどに通う
  • 2:整体院などに就職し、働きながら身につける

2の方法は、たたき上げとでもいうべきか、現場で実際の施術を見ながら学べるため、技術が身につくのは比較的早いと考えられます。また、最初はバイト程度でもお給料をもらいながら、もしくはインターンとしてでも働くことになりますから、学費自体はほとんどかからないという点もメリットと言えます。

ただし、師となる整体師の見よう見まねとなり、人体の構造などの基礎知識がない分、応用ができないということ、全くの未経験で整体院に就職するのはかなり狭き門であるなどのデメリットが挙げられます。

その点、1の方法は、きちんとした基礎知識や実技指導を受けられるため、就職後もすんなり施術に入りやすいですし、将来的に独立を考えている場合も大きな力になりえます。

ただし、学費がある程度まとまった金額がかかります。具体的な金額については、スクールによって千差万別ですが、入学金数万円~15万円本講座数十万円~200万円程度のところが多いようです。

さらに、国家資格である柔道整復師や指圧マッサージ師などの資格をめざす場合は、専門学校に3年間通う必要があり、学費は500万円程度かかることが多いようです。

東京の整体スクールの授業料リストはこちら≫≫

整体師、気になるその年収は?

整体スクールを卒業して整体院やカイロプラクティック院に就職すると、最初のうちは時給制で800円~1200円程度の場合が多いようです。だんだん力や技術がついてきて、指名を取れるようになると、基本給+指名分の歩合制になる院も。

整体院やカイロプラクティック院は、保険診療ではないため、料金は各院によって様々。所属している院の単価にもよりますが、一般的に勤務整体師の年収は180万~240万円前後と言われています。

もちろん、たくさん指名をとればどんどん稼げますし、人気のある整体師になると、単価自体を高めに設定できるため、1人の患者さんにじっくり時間をかけても、十分な報酬が得られるようになります。

ついに独立!かかる費用、年収は…

整体師として独立、開業したいという場合の費用は、その開業形態によっても異なります。

もっとも費用がかからないのは、自宅の一部を使って整体院として開業することです。これだと余分な家賃がかからないですし、ベッドや備品などの最低限の設備を準備するだけ。初期費用10万円もかからずに開業することができます。また、同じように、出張サービスのみで独立する場合も、それほど初期費用を必要としません。

アパートの一室や、店舗を借りて開業する場合は、賃貸契約の際に敷金などを含めて5ヶ月分程度の家賃ベッドなどの設備費などが初期費用としてかかります。

開業後は、光熱費人件費などのランニングコストも必要になります。開業直後は売上があまり伸びない可能性もあるため、数ヶ月分のランニングコスト、生活費分は確保しておいた方が良いでしょう。

リピーターが増え、経営が安定すれば、300万円~800万円程度の年収が期待できるようになります。

 
整体スクールお探しガイドin東京