癒しを仕事にしたい方へ。整体スクール選び完全ガイド 東京版

整体スクールお探しガイドin東京

整体スクールお探しガイドin東京 » 整体師になる理由(学生、主婦、副業、脱サラ) » 20~30代男性

20~30代男性

20~30代男性における整体師への将来性

整体師

20~30代の男性は、将来的なビジョンを持って挑む人が多く見られます。やるなら仕事として確立できるようにと、スクールに通って技術と知識を身につけられるようです。

その根底には「整体で人のために何かしたい」といった気持ちがあり、自分のピンチの時に整体が助けとなり憧れの気持ちから目指す人も。年齢的にも打ち込みやすく、思い切って転職する人も少なくありません

「リハビリを通じて整体に興味を」(30代 男性)

整体については、聞いた事があるけどそこまで興味はありませんでした。それが一転したのは、ヘルニアを患い手術をうけた後のリハビリ時です。

リハビリを担当してくれた先生にはとてもお世話になり、とても一生懸命にサポートしてくださりました。その時に、先生のように人の身体を支える仕事をしたいと考えるようになり、整体に興味を持つようになりました。

「整体で体の不調が改善されて」(20代 男性)

朝から晩まで連日デスクワーク作業が続き、体調不良が深刻化。これじゃだめだと思い、友人のすすめから整体に行くようになりました。1回の施術で体がすっと楽になる感じがあり、次第に体調の方も良くなっていきました。

それがきっかけで興味を持つようになり、自分のように体に無理が来ている人のためにできればと思い整体師を目指すことにしました。

「趣味が高じてスクールに」(30代 男性)

整体とは全く関係のないサラリーマンをしていましたが、昔からマッサージには興味があり、友人や家族にマッサージをしていました。喜んでくれるのがうれしくて、次第に整体師という仕事に興味をもつように。やるなら仕事としてきちんとできるようにしようと思い、スクールに通う事を決めました。

「腰痛や肩こりに悩む人が多いことに気が付き整体に」(20代 男性)

スポーツ関連の施設で働いていた時に、利用客の多くの方が腰痛や肩こりに悩まされているという事に気が付きました。辛い症状に悩む人も多く、なんとかできないかと考えた末に整体に。

年齢が高くなっても体の不調に悩まされることなく、スポーツを楽しめるように手助けできるような整体師になりたいです。

20〜30代男性も整体師を目指せる4つの理由

整体師を目指して整体スクールに通っている方の中には、20代の若者だけでなく、30代以上の人も多いです。男性が30代から整体師の勉強を始めても、全く遅くありません。なぜ20~30代から男性が整体師を目指せるのか、理由を紹介します。

整体院の多くは採用に年齢制限を設けていない

一般的に企業が従業員を採用するときには、未経験者を採用するケースと業界経験者を採用するケースの2通りがあります。普通の会社員であれば、未経験者でも採用してもらえるのは若いうちだけで、一定以上の年齢になると業界経験者でなければ採用してもらいにくくなります。また20代でも、学歴などの属性によって足きりされてしまうこともあるでしょう。

しかし整体院では年齢や学歴を気にして採用することはほとんどありませんので、30代で初めて整体師の仕事を始める人でも就職先は見つけやすいです。特に整体スクールを卒業すると、そのスクールと提携している整体院やリラクゼーションサロンを紹介してもらえるケースもありますので、より就職しやすくなります。

もちろん30代だからといって20代の整体師よりも偉そうな態度をしているような人は採用してもらえる可能性が低くなりますので、採用面接では謙虚な姿勢を心がけましょう。

営業などの社会人経験を生かすことができる

整体師の仕事においては、お客さんの体の不調についてカウンセリングすることが大切です。そのためにはお客さんの話を良く聞いて、体の状態をきちんと把握する必要があります

そのため、営業職でクライアントの話を上手に聞きだす経験をしていた人や、接客経験のある人は、整体師としても成功しやすいといわれています。30代で普通の会社員から整体師を目指す人は、社会人経験をいろいろな形で生かすことができるので有利な面もあるのです。

独立開業しやすい

30代以降から整体師を目指す方の中には、将来的に独立開業を考えている人もいます。実際、整体スクール卒業後に2~3年だけ整体院やリラクゼーションサロンで働き、それから独立しているケースは多いですし、独立開業まで視野にいれた指導をしている整体スクールもあります。

整体師は非常に独立しやすい職種です。独立するのであれば年齢は全く関係ありませんので、50代以上で整体師になる方もいます。

個人経営の整体院はマンションの一室でも営業できますし、施術用のベッドなど最低限必要な設備を整えるだけであれば100万円以下の初期費用で開業することが可能です。また出張整体師であればタオルなどの備品をそろえるだけで開業できますので、さらに初期費用をおさえられます。

ただし、整体師として独立してから生計を立てられるくらい稼ぐためには、営業努力も必要です。最近はホームページを作成してインターネット上で集客する整体院が多いですが、ホームページ作成費用や広告費用はどうするか、といったことまで考えてから独立しましょう。

自分次第で家族を養うのに十分な収入を得られる

30代男性の場合、整体師になったら家族を養うのに十分な収入が得られるのか、という点が気になる方も多いのではないでしょうか。整体院やリラクゼーションサロンでは20万円程度の月給のほか、歩合制の給料を設定しているところも多いです。お客さんからたくさん指名してもらえれば歩合給は増えますので、自分の実力次第で手取り金額は大きく変わってきます。

また独立開業すればお客さんからいただいた料金がそのまま自分の懐に入ってきますし、整体院はあまり経費がかからない業態なので、集客次第で収入はかなりのものに。独立して営業を続けられている整体師の年収は300~800万円程度といわれており、家族を養うのに十分なほど稼いでいる人も多いです。ただし経営に失敗して廃業する整体師も少なくありませんので、やはり自分の実力次第といえるでしょう。

就職に強い! 東京の整体スクールランキング BEST7

詳細を見てみる

就職に強い! 東京の整体スクール ランキング BEST7

詳細を見てみる

評判の整体スクールリスト
@東京

目的別に探す
東京の整体スクールなび

整体師になる理由
(学生、主婦、副業、脱サラ)

整体師になるための
基礎講座

サイトマップ